​施工事例

​Before

1602839070983_edited.jpg

【施工現場】

岡崎市 O様

【施工箇所】

外壁部分塗装​​

【工期】

2日

【塗料グレード】

​2液弱溶剤シリコン

After

1602839110125_edited.jpg

新設 鉄製外壁部分塗装

​施工前

ケレン(下地調整)します。

​錆止め(白)を塗装します。

1602839070983_edited.jpg
1602839077149_edited.jpg
1602839096314_edited.jpg

​上塗り1回目を塗ります。

​上塗り2回目を塗って完成です。

1602839106890_edited.jpg
1602839110125_edited.jpg

今回のポイント

yubi_point_monochrome_illust_744-200x184

新設部分の下地は表面がつるつるしていてそのまま塗装すると密着不良を起こすので、しっかりと目荒らしを行いました。

さらに密着性を上げるため、下塗りの錆止め塗料を通常よりも強力な2液型エポキシ樹脂錆止め塗料を使用しました。

​担当者からのコメント

​新設の鉄部を塗装する場合は注意が必要です。表面の状態をしっかりと見極めたうえで、適切な錆止め塗料を使う必要があります。今回のような場合、1液弱溶剤の錆止めでは素材との密着は弱く、最低でも2液の錆止めを使う必要があります。

O様ありがとうございました!​