​代表挨拶

初めまして。

代表の山田智充です。この度は弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は名古屋市で生まれ、岐阜県土岐市で学生時代を過ごしました。

アルバイトとして塗装の世界に入り、建物がキレイになることの達成感とお客様の笑顔を見ることにやりがいを感じ、ゆくゆくはマンションや学校など大きな建物の塗装をしたいと思い、この道に進むことを決意しました。

下積みは大変なものでしたが親方や周りの方の支えのおかげで現在まで至っております。

塗装の割引き屋 代表 山田智充

修行時代の仕事は工務店やハウスメーカーといった元請さんからお仕事を頂くことが当たり前でした。

お客さま → 元請 → 塗装屋という構図でした。塗装屋は限られた予算の中で仕事をしなければならず、仕事の中身よりも工期優先となり、私の中では満足のいくものではありませんでした。

ひとつひとつ小さな作業から丁寧に仕事をし、精一杯塗替えをさせていただきましたと胸を張ってお客様にお渡ししたい。そしてキレイになった家を見たお客様の笑顔を見たい。

その思いが強くなり独立をするきっかけになりました。

最初から最後までお客様と接し、より責任感とやりがいを感じることができ、塗装職人になって良かったと思います。

今ではありがたいことに長年お付き合いをさせていただくお客さまも増えました。

塗替えは10年に1度が目安とはいえ、長く住む家に自分の仕事が一端を担うことで、完成後もお客様からお悩みや困りごとなどご相談を頂くこともあり、信頼をしていただけることに喜びを感じております。

塗装の仕事は、対『家』であり、対『お客さま』であります。

信頼を頂ける仕事をしようと常々思っております。